ニキビとは何か

ニキビを治したいと考えるのであれば、ニキビについて理解をしなければいけません。
ニキビとは皮膚の病気の一種であり、皮脂が溜まることでできるものです。
そのため潰すと脂が流れ出てくるのです。
皮脂が溜まる原因としては人間の体はターンオーバーというもので肌が定期的に入れ替わっており、古い皮脂を体外に分泌して肌を新しくします。
しかしこの皮脂の分泌が過剰であったり、正常でない機能をすると分泌がされずその出るべきだった毛穴に留まり溜まってしまいます。

ニキビは進行によって白、黒、赤に分けられます。
白は初期の状態であり、そのまま皮膚が盛り上がっている状態で触っても特に何も感じません。
この状態を放置すると溜まった皮脂が酸化して黒くなります。
これが白から進んだ黒の状態です。
更に放置をすると中に菌が入ってしまい、それによって炎症を起こしてしまいます。
これが赤の状態であり炎症を起こしてしまったため触ると痛みを感じる状態になってしまい、治療したとしても跡ができやすいです。

そのためニキビは赤に進行する前に治すのが理想ということになります。
放置をしておけば悪化するために自分から行動をしなければなりません。
しかしニキビは進行によって種類が分けられるだけでなく、思春期と大人の2種類に分けることができ、この種類によってできる原因と対処法が変わってきます。
では思春期と大人はどのような違いがあるのでしょうか。
その上で自分が生活していく上ではどのような対応を取っていけばよいのでしょうか。

Copyright © 2014 ニキビを早く治すには All Rights Reserved.